改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?

改造車や特別仕様車を売却する際には、

 

査定を依頼する業者によって売却額が大きく異なるため注意が必要です。
改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?

 

正規ディーラーや正規販売店の系列の中古車買取事業者では、

 

純正であることを重視し改造車は不利になるばかりか買取そのものを拒否されるケースもあります。

 

 

そのため、

 

改造車の買取を積極的に受け付けている事業者であれば適切な査定が行われる可能性が高いですが、

 

あまりにもマニアックなパーツを使用している場合には担当スタッフに知識が無ければ

 

その価値を正当に判断してもらえないこともありキャンセルして帰ると言う経験をした方も少なくないことから、

 

できるだけ複数の業者に査定を依頼して比較するのがおすすめです。

 

 

高額査定が期待できるのは有名オーディオメーカーの機器で、

 

高音質であるのをはじめデジタルオーディオプレイヤーやスマートフォンと連携できるものが人気です。

 

 

カーナビではしっかりとしたナビ機能はもちろんのことHDDを搭載して

 

最新の情報にアップデートできるものやDVDの再生、

 

地上デジタル放送の受信など多機能なものが高評価となります。

 

 

エアロパーツはスポーティーな車種では重要視されることもあり、

 

ウィングやスポイラーなど統一されたデザインで全てが揃っていれば高額査定となった例もあります。

 

 

マフラーは性能や効率を高める目的のもので車検に対応していれば、

 

プラス要因となるケースもあります。

 

 

ここまでは比較的一般的な改造の例ですが、

 

車の見た目や機能を大きく変化させた改造車であっても

 

中古市場に商品として出品された際に大きな需要が期待できるものであれば高額な売却額がつくことも期待できます。

 

 

サスペンションを改造して車高を下げるローダウンは、

 

新規に行うとなると高度な技術が必要となることから高額な費用がかかるため、

 

あらかじめ改造が施されているのは購入者にとっては便利です。

 

 

また、

 

デザイン的な要素だけではなく昨今普及している

 

一般家庭や小規模集合住宅向けの立体駐車場に駐車する際には車高制限があるため、

 

それらの駐車場を利用する目的からもローダウンをするケースが増えています。

 

 

エアサスペンションは純正と比較して乗り心地が良くなり人気の改造で、

 

純正よりも価値を高めるものと評価されることもあります。

 

 

ホイールは比較的傷むことが少ないだけではなく、

 

有名メーカーのものであれば中古でも高値で取引されています。

 

 

タイヤは経年劣化が出やすいパーツのひとつですが、

 

状態が良い場合はプラス要素となります。

 

これらのパーツごとの基本的な評価に加えて、

 

これらのパーツごとの基本的な評価に加えて、

 

限定品や高く評価されながらも既に生産終了となったものでは希少価値が評価されることもあります。

 

改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?
これまでは改造車や特別仕様車を売却する際には

 

中古車買取業者を1軒1軒回って調べるのが一般的でしたが、

 

それでは膨大な時間と手間がかかってしまいます。

 

 

その一方でインターネットの中古車一括査定サイトの中には、

 

改造車や特別仕様車を専門にしたサービスも登場しており積極的に利用したいところです。

 

 

トップページに戻る