車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

自動車の買い替えなどを検討するときには、

 

現在乗っている自動車の処遇が問題になります。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

一般ディーラーで下取りを出してみてもさほどの充当額にもならないので、

 

業者に買取ってもらうことを検討する方が多いのではないでしょうか。

 

 

その際に気になるのが残った車検の次の期間満了日までの期間です。

 

 

一年以上残っている場合もあれば、

 

すでにkレイテしまっていることもあり得ます。

 

 

売却にあたり最大の関心事は査定額なので少しでも多くの金額になることを希望するのは尤もな話です。

 

 

それでは車検の残存期間や有無はどの程度査定に影響するのか、

 

場合を分けて検討してみましょう。

 

 

まず残存期間が一年以上残っている場合には、

 

高く売れることは事実です。

 

 

新しい買い手にとってもおまけのようなものになるので付加価値も高まるからです。

 

 

そのため7-10万円くらいまではプラス評価につながることがあるわけです。

 

 

しかし残存期間が1年を下回るような器官ではほとんど査定に影響しません。

 

 

このような場合には複数の中古車業者に相見積もりを出してもらって

 

少しでも高額の会社に買取ってもらうことを検討するのも一つの手と言えます。

 

 

それでは車検がすでに切れている場合はどうでしょくか。

 

そもそも切れてしまっていると公道を走行することが出来ません。

 

 

そのようなシロモノも査定してもらえるのでしょうか。

 

 

この点は販売店側の立場にたってみれば、

 

この点は販売店側の立場にたってみれば、

 

市場で需要の高い車種や年式なら、

 

自ら分解点検整備すれば問題なく走行できるまで仕上げることが出来るので、

 

あまり問題になりません。

 

単に期間が切れている一事をもってマイナス査定の対象になるというわけでも無いのです。

 

 

また少し視点を変えて海外では日本車の人気が高いので、

 

日本国内の法令などでは公道を走行できない事由はさほど意味を持っていません。

 

 

また買取の際には販売店が保有するトラックやレッカーを手配して輸送することになるので、

 

売却時に支障になるわけでもないわけです。

 

 

先ほどは残存期間が一年以上のように長い場合にはある程度査定が高額になると御紹介しました。

 

 

そこで高額査定を勝ち取るために車検を売却前に実践するという戦略は有効なのでしょうか。

 

 

実際のところ高額査定といっても高くて10万延程度です。

 

 

この金額ですべての費用を賄うのは難しく、

 

車検を通過するために投下した費用を回収するほとの査定額のアップを目指すのは

 

現実的と言うことは到底出来ないのが現実です。

 

 

そこで少しでも高額の査定を狙うなら、

 

売却するタイミングもはかることがポイントになります。

 

 

新生活の開始する4月前後やレジャーシーズン前やボーナス前などです。

 

 

4月前後の時期は新社会人が通勤の足のためもかねて購入することが多く

 

人気車種の需要が高くなる傾向があります。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

レジャーシーズン前では多人数が乗ることができる4WDなどへの購買意欲が旺盛になってくるようです。

 

 

従って少しでも高額での売却を成功するには、

 

車検とのタイミングやシーズンごとの需要の変化などに着目することが大事と言えます。

 

 

トップページに戻る