査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

車を新車に買い替える時にディーラーに査定してもらうとかなり安く買いたたかれるので、

 

車買取業者に売る人も増えていますが、

 

そういう業者の査定士は一応調べる時に見ているポイントがあって、

 

そのポイントを知っていれば評価額を高くする事も可能です。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

査定人がいったいどんなポイントで査定を行っているのかを考えうるものを紹介して行きます。

 

 

絶対に車を買い取る時に見ているポイントはその車が今までどのぐらい走って来たのかが一目で分かる走行距離です。

 

 

当然の事ですが、

 

仕事とかで使われていて毎日長距離走行していた車と、

 

週末しか使っていない車を比較したら、

 

走行距離が少なかった後者の方が断然評価額は高くなります。

 

 

車には平均年間走行距離があって、

 

普通自動車の場合は1万キロで軽自動車の場合は8千キロで、

 

この走行距離を上回ればマイナス評価になり、

 

下回ればプラス評価になって高く買取って貰えます。

 

 

他に考えられるポイントにボディカラーがあり、

 

高く売りたいなら人気色のホワイト系やブラック系やシルバー系の方が需要が高いのでより高く買取ってくれます。

 

 

もしも新車購入する時に高く買取ってもらいたいなら、

 

特殊なボディーカラーの車を買わずに、

 

一般受けするカラーを選んだ方がいいです。

 

但し車種によっても人気カラーは違っていて、

 

但し車種によっても人気カラーは違っていて、

 

二人乗りのスポーツカーでは一般的な普通自動車では人気のないレッド系やブルー系の方が逆に人気があって、

 

需要が多いため高額で買い取ってくれる場合もあります。

 

 

次に査定士がチェックしているポイントは、

 

外装の状態を見ています。

 

 

実際に評価額を出してもらう時に車の隅々まで、

 

例えばキズや凹みやエクボや浸食やサビややヒビや割れやズレや打痕を見ていて、

 

それらの外見上のキズがあればマイナスの評価をされて安くなります。

 

 

意外と使用中は気にしない箇所のキーの差込口の擦りキズや、

 

カーナビのモニターの細かいキズや、

 

カーオーディオのボタンなどもオーナーが雑に車を扱っていると判断されて、

 

マイナス評価になる事もあります。

 

 

事故を起こした時の修理歴も車検証ではなく整備手帳を見て評価したり、

 

整備手帳が無くてもプロの査定士が見れば簡単に見つけてしまうので、

 

隠さずに提出した方が印象が良くなります。

 

 

それ以外に意外と車検の残り期間が長い方が高く買取ってくれる印象がありますが、

 

ほとんど影響はないです。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

何故かと言うとそういった車買取業者には、

 

自社に車検を専門に行う部署が合って、

 

一般的な車検費用の10万円から20万円はかからず、

 

約10分の1程度の費用で出来るからです。

 

 

その他で見ているポイントは車の心臓部のエンジン回りの状態です。

 

 

エンジンの中は分解して調べる事はしませんが、

 

その周辺が綺麗に磨かれていたら、

 

大事に利用されていると判断されて高評価を得られるので、

 

エンジンルーム内は出来うる限り掃除した状態で評価してもらった方が望ましいです。

 

 

タバコを吸っていたかやペットを乗せていたかなどもニオイでチャックするので、

 

高く買取ってもらいたいなら車内の喫煙やペットを乗せる事を避けた方がいいです。

 

 

トップページに戻る