ローンが残っている車を買い替えた

今からもう10年前、

 

まだローンが残っていた普通乗用車の売却をしたことがあります。
ローンが残っている車を買い替えた

 

夫の奨学金の返済もしていましたし、

 

子供がまだまだ小さく夫婦共働きでもなかったので、

 

お金にとても困っている時期でした。

 

 

我が家は車を2台所持していました。

 

 

1台は、

 

夫が以前、

 

家から遠い場所に出勤していた際に乗っていた、

 

ローンの残っている普通乗用車。

 

 

もう1台は、

 

私が仕事をしていた際に乗っていた、

 

ローンなしの軽自動車です。

 

 

お金に困っているのに、

 

車の2台持ちは家計的に厳しい。

 

 

普通乗用車は維持費が軽自動車よりかかるし、

 

軽自動車の方が小回りはきく。

 

 

需要もあるということで、

 

軽自動車は手元に残すことにしました。

 

 

幸い、

 

義理の兄の知人(若いご夫婦で子持ち)が車を欲しがっていたので、

 

その方にローンの残っていた普通乗用車を売却しました。

 

 

売却のお値段は、

 

夫が決めていたので、

 

私は詳しい金額は覚えていませんが、

 

ローン分を含めて売却額を決めていたと思います。

 

 

それでも、

 

そのあたりの中古車販売店の売却額よりは、

 

はるかに安かったです。

 

 

 

それに、

 

アイスブルーカラーの普通乗用車でしたし、

 

人気の車種というわけでもなかったので、

 

安めの金額設定でした。

 

 

「普通車で、この値段なら出してもいいかな」と相手が思うくらいのお値段設定です。

 

最終的な車の売却時には

 

最終的な車の売却時には、

 

義理の兄にも付いてきてもらいました。

 

 

相手の方にも、

 

ちょっと怖そうな風貌の知人が付き添ってこられたそうです。
ローンが残っている車を買い替えた

 

車の売却は高額のやり取りなので、

 

お互い困ったことにならないように…

 

もめごとなどにならないように、

 

第三者を付き添わせたという形だと思います。

 

 

相手の方は、

 

お金と一緒に、

 

お菓子を持ってきてくださいました。

 

 

そのような感じで無事に交渉が成立し、

 

車は売却されました。

 

 

その後、

 

残りのローンの一括返済などで、

 

夫は少しバタバタしていました。

 

 

手続きには少々時間がかかったと記憶しています。

 

 

我が家は核家族。

 

 

当時住んでいた場所はスーパーやドラッグストアなど、

 

生活するのに必要なショップには歩いて行ける場所でしたし、

 

夫の職場も家から近い場所にありました(自転車通勤です)。

 

 

車のローンは残っていたものの、

 

やはり売却すると決めて良かったなと思いました。

 

 

2年おきの車検代・度々かかるガソリン代・また自動車税など、

 

車を維持するお金は本当に高額ですからね。

 

 

徒歩や自転車に限らず、

 

ちょっとした街中ならばバスや電車もあります。

 

 

私は、車は贅沢品だなと感じています。

 

 

トップページに戻る