車の下取りと買取の違いは?メリデメ比較

車の下取りと車買取の違いは次の契約があるのか無いのかで異なります。

 

 

下取りは次に車をそこで買うという前提があって、

 

それで車を出すという事をして、

 

その上で新しい車を買うので、

 

買い替えというように言っても良いかもしれません。

 

車の下取りと買取の違いは?メリデメ比較
ですから、

 

下取りをしたけれども次の車は別のところで買うというような事は出来ないという事です。

 

 

これに対して車買取の方は単純に業者に車を売却するという事を言いますから、

 

その後で何処で車を買おうとも特に関係はありません。

 

 

別に車を買わない事もあるわけで、

 

特に次の契約がない場合はこのように言うという事になるでしょう。

 

 

両者のメリデメを考えると、

 

ハッキリ言えば大きな違いはありません。

 

 

一見すると下取りの方が次の契約をちらつかせて有利にするという事も出来ないわけではなさそうですが、

 

今は業者もこうした管理が徹底されているということがあり、

 

現場に権限を与えている事が少なく成っています。

 

 

つまり、

 

交渉がほとんど出来ない状態で商談をしたり、

 

交渉をしているということになると、

 

次の契約があるのでこれを武器にして強く出るという事も意味が無いという事になるわけです。

 

 

担当は自分には権限が無いので上に報告します。というだけの事になってしまう事でしょう。

 

 

業者としては、

 

業者としては、

 

柔軟に対応した方がお客さんからのイメージは良くなるという事があるのですが、

 

そうすると様々な人が出てくる事になり、

 

制御しきれなくなってしまうという事が起きます。

 

 

それならば一律で権限を無くしてしまって、

 

単なる窓口要員になってもらえば、

 

それを口実にしてその担当者も断る事が出来るようになる。

 

 

何か無理な事を言われれば、

 

自分には権限はありませんので無理です、

 

というように言う事が出来るようになります。

 

すると、

 

責任を自分から無くすることにもなるので、

 

現場としては特にこれでも問題は起きなくなります。

 

 

お客さんはそれなら上を出せという人と、

 

そのまま黙って帰る人、

 

仕方なく交渉をやめる人に分かれていくのでしょうが、

 

日本人は多くがそのまま交渉をやめて諦めるという人が多いでしょう。

 

 

争う事を出来るだけ避けるという気質があるので、

 

それを業者は見切っているという事になるのかもしれません。

 

 

ですから、

 

交渉力があり上を引き出したりすることが出来るような人であれば、

 

下取りの方がその力を発揮する事が出来る可能性はあります。

 

車の下取りと買取の違いは?メリデメ比較
ですが、

 

そのような事が出来ないというのであれば、

 

後の自由度が高い車買取が良いかもしれません。

 

トップページに戻る