リースで購入した車は売れるの?購入したことになっている?

カーリースで購入した自動車は基本的に売ることはできません。

 

 

この契約は、

 

あくまでも借りているだけという感じになるので、

 

所有権は自分の方にはなく勝手に売りに出したりすることは無理です。
リースで購入した車は売れるの?購入したことになっている?

 

レンタルしたDVDを勝手に中古ショップに売ったらレンタルショップに怒られてしまうのと同じことです。

 

 

もし強引に中古カーショップなどに売り飛ばしたら、

 

法律違反で犯罪者になってしまうこともありえますから気をつけなければいけません。

 

このように、

 

このように、

 

基本的には不可能なのですが、

 

実は売却が可能な場合もあります。

 

 

契約途中でも買い取りができるプランならば、

 

買い取りをして所有権を自分に移して売りに出すことができる場合があるからです。

 

 

売りたいのであれば、

 

とりあえず業者に連絡してみて、

 

売れるプランなのかどうか確認してみるといいでしょう。

 

 

しかし、

 

このようなことをする場合は色々と面倒な手続きも必要になりますから、

 

あまりおすすめとは言えません。

 

 

だいだい途中に売りたくなるようなら、

 

長期間のカーリース契約など最初からしない方が賢明でしょう。

 

 

途中で今乗っている車に飽きてしまうことが予想されるようなら、

 

長期間の契約ではなく、

 

短期間の契約にしておくのがおすすめです。

 

 

カーリースを利用するなら、

 

同サービスにはどのような特徴があるのか事前によく把握しておくべきす。

 

 

まず、

 

そもそも同サービスはどのような形で車を購入するのかというと、

 

簡単に言えば長期のレンタルです。

 

レンタカーと違い自分の希望のものを選んで乗れますが、

 

あくまでも所有権は業者側にあり、

 

自分は借りているだけです。

 

 

このサービスを利用すると何がいいかというと、

 

煩わしい手続きなどをしなくて済むようになることでしょう。

 

 

例えば、

 

税金や保険の支払い、

 

定期検査などは全部業者側にお任せできてしまいます。

 

 

所有権はあくまでも業者側にあるので、

 

これらの手続きを自分でやる必要はありません。

 

これらの税金や保険や定期検査のためには、

 

ある程度のまとまったお金を用意して備えておかなければいけませんが、

 

リースならば利用者は毎月一定額の料金さえ払っていればいいので、

 

費用負担が分かりやすくなるというメリットもあります。

 

 

新車を自分で購入する時は、

 

大きな金額を用意したり、

 

巨額のローンを組んだりしなければいけませんが、

 

カーリースならばそれも必要がありません。
リースで購入した車は売れるの?購入したことになっている?

 

初期費用にあまりお金をかけられない新社会人のような人でも、

 

手軽に自分好みの車に乗ることができます。

 

トップページに戻る